アウディ R8スパイダー 後期モデル 給油口修理 納車点検整備

アウディ R8スパイダー 後期モデル 給油口修理 納車点検整備

今回はアウディ R8スパイダーの納車点検整備と給油口修理を紹介いたします。

 

後期モデルのR8スパイダーはDCTになりV10の走りをより楽しんで頂ける仕様になっています。

エンジンオイル、オイルエレメント、エアコンフィルター、バッテリーなど

ご納車前に交換させて頂きました。

↑R8の下廻りの写真になります。

クワトロシステム、ドライサンプになっておりパンパンに詰まっています(笑)

バッテリーはフロント廻りのカバーをバラバラにしてやっと出てきます汗

 

ご納車当日に事件が・・・ 給油口が開かない・・・

 

運転性ドアパネルにロック解除のボタンがあるのですが、動作音はするのになぜか開かないという 汗

緊急用のワイヤーを引っ張ても感触がないじょうたいでした・・・・

↓赤丸の裏側にアクチュエーターとワイヤーがいます。

右リアのタイヤを外しフェンダーライナーをめくってみるとワイヤーが根本から切れていました 汗

新品は給油口ASSYしかなくすごく高額でしたので工夫してワイヤー修理しました。

不幸中の幸いで根本の部分で助かりました。

 

K様ご納車の際はご迷惑おかけしてしまい申し訳ございませんでした。

ガス満の状態で気づけて良かったです。

今後もできる限りやらせて頂ければと思いますので宜しくお願いします。

ありがとうございました。

 

 

 

 

Copyright© 2020 Autofessel All rights Reserved.