メルセデス・ベンツ E350クーペ サーモスタット交換!

メルセデス・ベンツ E350クーペ サーモスタット交換!

今回はE350クーペのサーモスタット交換の紹介です!

 

エンジンチェックランプが点灯して入庫になりました。

 

テスター診断をしてみるとサーモスタット不良・・・

 

サーモスタットが開きっぱなしの状態です。(下の図の暖気後の状態です。)

 

 

経年劣化で常にバルブがオープンの状態になってしまっていました・・・

 

この状態では水温が上がらず、オーバークール状態になってしまいます。泣

 

水温が冷え過ぎてしまうと燃費の悪化やエンジン本体にダメージを与えてしまいます。

 

オーバーヒート、オーバークールどちらでも

 

エンジンには悪影響ですので交換が必要です。

 

 

早速作業をしていきます!

 

エンジンカバーを外すとオイルエレメント横の

 

パイプの先にサーモスタットがあります。

 

 

↑の写真が新品のサーモスタットになります。

 

 

サーモスタットを取り外すとこんな感じです!

 

作業スペースは十分にあるので作業性は◎です♪

 

 

組付け完了です!

 

クーラント(冷却水)エア抜きをしていきます。

 

 

最後にテスターにて故障診断の確認をして完成になります。

 

 

いつもご依頼ありがとうございます。

 

問題は解決しましたので安心してドライブを楽しんで頂けるとおもいます!

 

今後もメンテナンスは全てお任せください!!

 

ありがとうございました。

 

Copyright© 2020 Autofessel All rights Reserved.