ランボルギーニ ガヤルド 5.0 4WD クラッチ交換! 後篇

Pocket

 

クラッチ交換後篇です!

 

エンジンクレーンを使用して 

 

エンジンとミッションを切り離していきます!

 

 

ついにクラッチに辿り着きました!!

 

↑ミッションを切り離した状態です。

 

クラッチはツインプレートのクラッチです(純正)

 

さすがランボルギーニです!

 

 

 

 

 

↑ 右が外したクラッチです。左が新品のクラッチです。

 

表面がボソボソになってしまっていて減ってしまっている状態です。。。

 

新品に交換していきます!

 

 

 

センター出しをして締め付けていきます。

 

※すごい回転数で動く部品ですのでしっかり規定トルクで締め付けていきます。

 

重要な作業なので慎重に進めます。

 

 

ちなみに新品クラッチはランボルギーニの木箱に入って届きます。

 

この木箱だけでも高そうです 笑

 

 

クラッチ本体の取り付けも無事終わりミッションを乗せていきます。

 

この際にエンジンオイルフィルターも交換していきます。

 

かなり奥にあるのでこの状態だと非常に交換しやすいです!

 

 

 

オイルタンクも外していますのでオイル交換・フィルター交換を実施しました!

 

 

 

オイルライン オイルタンク ドライブシャフト など取付をしていきます。

 

 

マフラーまで取付できるとだいぶ原型が見えてきました!!

 

外す際にも時間がかかりましたが、取り付けも同じ時間かそれ以上かります。。。 涙

 

 

 

エンジンを始動できる状態まで取付完了しました。

 

エンジンを始動してクラッチの繋がりやミッションオイル量をチェックしていきます。

 

 

動作確認も完了しました!

 

念のため コンピューターを接続してエラーがないか確認していきます。

 

全て問題なく動作していましたので残りのショートパーツを取り付け完成になります。

 

 

 

 

エンジンカバーも取付け完成になります!!

 

試乗させて頂きましたが、クラッチの繋がりも良くなり満足できる仕上がりになりました♪

 

 

かなり大変な作業でしたがお客様にも喜んで頂ける

 

クラッチフィーリングになったと思います!

 

走行距離も少なく状態も良いお車ですので長く乗って頂けると思います。

 

納車までもう少々お待ち下さい。

 

ありがとうございました。