ポルシェ 997 エンジン異音 修理 エンジンO/H part4 エンジン組立 インタミベアリング新旧

Pocket

 

ポルシェ

 

997のエンジン異音修理part4

エンジンの組み立て

 

徹底的に洗浄、測定、修正、

物によっては交換を行ったパーツたちを組み付けていきます。

 

 

先ずは、クランクシャフトを包み込むベアリングケースから…

 

 

ベアリングの焼き付きが見られましたが、

新しいメタルに交換し、ケースも修正し問題無く使用可能に!!

 

 

クランクシャフトも曲がり修正、バランス調整

ラッピングを施し、組み込んでいきます。

 

 

ベアリングケースを規定トルクでしっかりと組み付け

 

 

おNEWなタイミングチェーンで

インターミディエイトシャフトと結合していきます。

 

 

で、クランクとインタミを組み込んだベアリングケースを

今度はクランクケースに組み込んできます。

 

 

コンロッドも組み付け、左右のクランクケースを合わせていきます。

 

 

 

ピストンも組み付けて、

なんとなくエンジンっぽさが見えてきましたが、

 

まだまだこれから…

 

 

 

先に仕上がっていたシリンダーヘッド。

 

 

こちらも、しっかりとO/Hされて

ほぼ新品状態!!

 

 

インテーク、エキゾースト共にバルブは再利用してます。

 

 

シリンダーヘッドをクランクケースとドッキング!!

 

 

ドッキング後、エンジンの命ともいえるバルブタイミングを取ります。

 

 

 

タイミングは多少ずれててもエンジンはかかります。

ベストなところに持っていくのが腕の見せ所(*^^)v

 

 

またまたインタミの件…

 

右側にあるのが付いていたもの。

左側が交換するもの。

 

 

強化品を組み込んでありますので、

この先、安心してお乗りください。

 

 

補器類を組み込みエンジン完成!!

 

思いっ切り簡単ではございますが…(笑)

 

 

降ろしたてのエンジンは…

やっぱり、どこかくたびれ感満載で…

 

 

O/H後は、しゃきっと感が出てますよね!!

 

これから積込開始です!!

 

後、もー少しお待ちください。

 

 

 

ありがとうございました。