ポルシェ 2012y パナメーラS 冷却水漏れ 修理 オーバーヒート

Pocket

 

 

ポルシェ

2012y パナメーラS

水漏れ修理

 

 

お客様より入電。

オーバーヒートした!!

 

と…

 

 

すぐさま、オートフェッセルの頼れるヤツ、

4t フルフラットの積載車にて現場へ急行!!

 

 

 

現場にて、代車と入れ替え、

 

会社へ戻り、原因探求…

 

サーモスタット不良…

クーリングファンモーター不良…

 

と、色々原因を考えながら…

 

 

 

ふと、矢印のラジエターホースを触ってみると…

 

 

 

抜けてはいけない所からパイプが((((;゚Д゚))))

 

 

 

こんなこともあるもんだ…と思いながら、

 

修理に入ります。

 

インテークマニホールドを外し、

 

 

エンジン内部にゴミや工具、パーツやボルトナットを落とさないため、

しっかりとインテークを塞ぎ作業をします。

(落とすとホント大変!! 経験者談)

 

 

フューエルデリバリーパイプを外したら、

やっと本題のパイプが突き刺さるサーモケースへ…

 

 

新旧サーモスタットケース。

 

やはりというか、新しいパーツには、

対策仕様になっており、パイプがボルト締めになってます。

 

 

バンクの間に溜まっている冷却水を取り除き

(残したままだとずーーーと独特なにおいが残ります)

 

 

対策品のサーモスタットケースを組み込んでいきます。

 

サーモスタットも勿論新品!!

 

ウォーターポンプも脱着したので、新品に交換させていただきました。

 

 

後は元通りに組付け、冷却水を注入しエア抜き作業に…

 

このエア抜き作業、しっかりと行わないと

オーバーヒートの原因になるので要注意!!

 

 

今回は、パイプが抜けたことにより、

一気に冷却水が抜け、チェックランプや水温系が瞬時に異常を示し、

オーナー様がすぐに停止されたため、

オーバーヒートの最悪のシナリオの

エンジンが逝ってしまう事を防げました。

 

このようなパターンは珍しい故障ではありますが、

これ先、気温も上昇し、オーバーヒートを起こしやすくなりますが、

お車のメンテナンスを行い、トラブルを未然に防ぎましょう!!

 

 

 

ありがとうございました。