メルセデスベンツ W219 CLS63 AMG エアサス修理

Pocket

 

メルセデスベンツ 

W219 CLS63 AMG

 

エアサス チェックランプ点灯

 

 

エアサス故障

と、チェックランプが点灯してます。

チェックランプ点灯の場合、

先ずテスターによる診断から…

 

 

すると…

 

 

エアサスシステム エア漏れ…と故障コードが…

 

 

エア漏れ点検のため、

エアサスのエアーを作るコンプレッサーを

テスターにて強制的に作動させるも…???

 

 

動かない

 

推測

 

エア漏れがあるため、

コンプレッサーの作動時間が増え、負担がかかり、

コンプレッサーも作動不良になったと考えられる。

 

 

先にコンプレッサーの交換から…

W219のコンプレッサーは、

左フロントタイヤ前に付いており、

黒い塊がコンプレッサー。

 

 

コンプレッサーはかなりの振動が出るので、

サスペンションのようなスプリングで

吊り下げるように付いております

 

 

新旧コンプレッサー比。

 

 

コンプレッサーの交換後、

エア漏れのチェック!!

 

 

4輪のエアサス、エアー配管のパイプ、バルブボディと

順番に点検していくと、

バルブボディに付く赤丸の

プレッシャーセンサーより漏れを確認

(写真は古いコンプレッサー装着時ですが…申し訳ございません。)

 

 

漏れの原因のセンサーを交換し、

再度漏れのチェック!!

 

問題なく、車高もしっかりと上がってきます。

(ローダウン車両なので少々低いですが…笑)

 

 

車高を上げれば、ここまで上がります。

 

 

 

作業完成。