ポルシェ 2005y ボクスターS パワーステアリングオイル漏れ修理

Pocket

 

ポルシェ

 

2005y ボクスターS

 

 

オイル漏れでの御入庫です。

 

 

車両の事にお詳しいお客様で、

弊社にご入庫時には、

パワ-ステアリングのオイルが漏れていると認識済み。

 

リフトにて車両を上げ、漏れ箇所を確認していただき、

修理となりました。

 

オイル漏れを起しているのは、

パワーステアリングのプレッシャーホース。

 

もう1本パワステのホースがありますが、

こちら側はリターン側で、劣化も少ないだろうと見込み、

今回はプレッシャー側のみの交換です。

 

 

早速、作業に入りますが、

 

先ずは、アンダーカバーの取り外しから…

 

車両を上げるためのジャッキポイント付近のカバーを外すので、

これまた一苦労…😢

 

 

フロアのカバーもなかなか外れずで…😢

 

 

プレッシャーホースの全様が見たく、

エンジンコンパートメントカバーを外していき、

 

 

なかなかお目見えすることのないエンジン上部…(笑

 

 

黄色のラインのホースが今回交換するホース。

 

 

赤〇のパワーステアリングポンプ

 

 

矢印のの所が今回替えるホースの末端。

 

 

こちらの矢印はフロア下まで伸びてきているホースの末端。

 

 

で、ホースの全様は?というと、

 

青矢印のクーラーコンプレッサーの下側を、

黄色のラインで通っている感じ…Σ(゚Д゚)

 

 

 

 

ってことは…

 

 

ってことは…

 

 

 

ってことは…

 

 

 

 

ピンポーーーーーン!!

 

 

コンプレッサーの取り外しも必要になります。

(>_<)

 

 

ただ、今回はコンプレッサーの取付ボルトを緩め、

コンプレッサー自体を持ち上げてホースを抜き取る事が出来ました

!(^^)!

 

 

かなり狭い場所からホース(パイプ)を抜き出したのが、

お分かりいただけるでしょうか…

 

 

取り出したホースとおNEWなホース。

 

 

ホースのこのカシメの部分から漏れておりました。

 

 

NEWなホースを組み付けます

 

 

一通り組付けエンジン始動。

 

パワーステアリングオイルのエア抜き作業を終え、

油量のチェック&漏れのチェック!!

 

 

室内外共に元通り組み付け。

 

外した時間に比べると、かなり早く組付出来ました。

次回からは、結構早く作業できると思います。

 

 

試運転を行い、再び漏れ、油量のチェック!!

 

問題無く、作業完成。

 

 

後はキッチリと洗車させて頂き納車となります。

 

 

 

お車を拝見させて頂いてると、

大切に乗られている感が犇々と伝わる1台でした。

 

これからも大切にお乗り頂き、

サポートできることがあれば申し付けください。

 

 

 

 

 

ありがとうございました。