ポルシェ カイエンS 2003y 走行異音 プロペラシャフト修理 

Pocket

ポルシェ

955カイエン

プロペラシャフト修理

 

 

カイエンの定番修理。

プロペラシャフトのセンターベアリング不良。

今まで何台もやってきた修理ですが、久々にやることになったのでご紹介。

 

 

加速時などにゴンゴンとフロアから異音がする症状。

試乗すればすぐにわかるので、気になる方はオートフェッセルまで…

 

 

作業的には、体が覚えているのかサクッとペラシャは外れ、

 

 

こんな感じで…

新品の赤矢印のゴムの部分が、青矢印のようにちぎれてしまい、

クルクル回るペラシャが踊ってしまうのが原因!!

よって、プロペラシャフトのセンターベアリングを交換します。

センターベアリングは純正部品供給が無く、

新品、リビルト品でASSY交換してたのですが、

最近はネット上にこの手のリペアキットが多々あり、

ポチっとクリックすればすぐ来る

便利な世の中になりました。

 

 

センターベアリングの交換には、赤〇の部分を分解する必要があり、

これが少々コツが要る訳で…

 

 

リペアキットに赤〇の部品があれば、半ば破壊しながら取っていきます。

 

 

プレスを使い、センターベアリングを抜き取り、

 

 

今度は、ベアリングをプレスを使い圧入します。

(写真無いですが、プレス無いと何ともなりません)

 

 

センターベアリングは圧入交換するのですが、

シャフトのユニバーサルジョイント?的なベアリングは再利用しますので、

序でにグリスを交換しO/Hします。

 

 

シャフトが完成したら取付。

 

 

回転部分の組み付けは、慎重に…

締め忘れ、緩んでくることが無いように行います。

 

 

作業完成。

試運転を行い、問題無いことを確認!!

まだまだ元気良く走れそうです。

 

 

ありがとうございました。