2005y ランボルギーニ ガヤルド eギヤ不良 アクチュエーター交換 修理

Pocket

ランボルギーニ ガヤルド

eギヤの調子が悪い!!

との事で、ご入庫。

症状は…

エンジン始動後、

ニュートラルから1速又はリバースに入れると、

シフトインジケーターが点滅し、

ニュートラルになってしまう…

って感じ。

テスター診断、車両点検を行い、

これは、eギヤのアクチェーター不良と判断。

アクチェーター内部の圧力漏れによる、

シフトチェンジ不良。

アクチェーターは、ミッション上部、

エアクリーナーボックスの下側についております。

早速、分解していきます。

エアクリーナーボックスを外すと、

赤〇の物が、アクチュエーター。

黒いホースが何本も入ってますが、

これが油圧のホースで、シフトチェンジの圧力を送ります。

ランボルギーニよりパーツが届きました。

この部品がアクチェーター。

金額は…

流石、ランボルギーニって感じです…(笑)

取り外したアクチェーター。

少し外部にもオイルにじみが見られました。

ホースの場所を間違えないように…

慎重に組み付けていきます。

分解したものを組み付け、

eギヤの油圧のエア抜き作業を行います。

が…

あれれ?

変なところからオイルが漏れてくる…😢

よく見てみると…

ホースが割れてる!!

eギヤのオイルタンクにオイルを補充するのに、

タンクを横にスライドして取り出し補充するのですが、

その時に割れた模様。

お客様に事情を説明し、

大至急、パーツオーダー!!

無事、エア抜き作業も終わり、

作業完成。

 

試運転時も快調にシフトチェンジ出来、絶好調!!

これからも、快適にお乗りください。

ありがとうございました。