アウディ TTクーペ エキゾースト警告灯 チェックランプ点灯修理

Pocket

今回の車両は、アウディ TTクーペ

エキゾースト警告灯が点灯した!!

とのことで、ご入庫。

P1060898

入庫時、エンジンはブルブルと異常な振動が出ており、

早速、テスター診断。

ミスファイヤーで、1気筒死んでるのかな?

だったら、イグニッションコイル不良かな?

なんて考えてたのですが…

診断の結果、大方の予想が外れ、

2次エアーの吸い込みによるミスファイヤー

と、出てきました。

P1060899

2次エアーの吸い込みとは…

通常、空気をエンジンに取り込む場合、

エアクリーナー➡エアマス➡スロットルバルブ➡インマニ➡エンジン

と、空気の通り道あるのですが、

エアマスからインマニ間のどこからか、

空気を吸い込んでしまっている状態を言います。

その為、空気と燃料の混合比が狂い、

ミスファイヤを起こし調子が悪くなります。

よって、どこから空気を吸ってるかを発見するのがとても重要になります。

P1060900

今回、空気を吸い込んでいたのは、

赤〇のパーツと➡のホースの2カ所。

P1060908

2点、部品を交換。

エンジン始動!!

快調にエンジンが回ります。

同時に、オイル交換の依頼も受けてましたので作業。

P1060911

作業完成です。

TTクーペのキビキビした走りも復活。

これからも、快適なドライブをお楽しみください。

ありがとうございました。